顔のシミを消す方法!ためしてガッテンでのシミ取りやシミ消しの効果について

顔のシミを消す方法 ためしてガッテン/NHK

「ためしてガッテン」はNHKの人気番組。

落語家の立川志の輔さんが司会している長寿番組ですね。

この番組ではさまざまな美容健康関連の番組を放送していますが2016年1月20日の放送内容は「戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策」というものでした。

このタイトルだけ読んで想像するのは紫外線が原因でできてしまったシミをどうやって消すのか?というような内容ですよね。

放送されたのが1月の寒い時期なのでこの期間にできるシミケアはどうなものがあるのか?というようなものだろうと想像できます。

たとえば「冬場であっても紫外線は降り注いでいるのでしっかり対策しますよね。」というものが想像できそうです。

しかし実際に放送された番組はこれとは少し違ったものでした。

顔のシミを消す方法 ためしてガッテン/種類

実際の放送内容はシミを2つの種類に分けて解説したものでした。

その2つの種類のシミとは茶色いシミと赤いシミのこと。

茶色いシミは従来言われているシミで紫外線によるメラニンの過剰な生成によりできるシミのことでした。

この「戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策」というタイトルから想像するシミはこの茶色いシミのことだろうと思います。

普段から紫外線対策をしていてシミができるのを防ぎたいと考えている女性に食いつきがよさそうなタイトルですよね。

実際、オープニングトークでも出演者の山瀬まみさんや東ちずるさんも従来のシミ対策のことについての紫外線対策について話していました。

例えば日焼け止めを塗るだとかなるべく外に出ないようにするなどです。

でもこの回の番組の中の大半はこの茶色いシミではなく「赤いシミ」について構成されていたのです。

この赤いシミとは皮膚がんの種だといわれている「日光角化症」のこと。

番組の構成の大半が皮膚ガンに関する内容だったのです。ちょっと釣りっぽいタイトルのつけ方なのでこの回の番組をみたひとは肩透かしを食らったと感じた人も多かったのではないでしょうか。(笑

この回の内容はシミ消しの耳寄り情報を期待してみたというひとが大半でしょうから。

そしてまずこの赤いシミは割と高い確率のひとにみられるということで注意を喚起しています。

番組中では調査した100人の中で19人ほどから見つかったので割と多い方だと言えるのではないでしょうか。

そしてこの赤いシミの症状のあった人を例にして番組は進行していきました。

顔のシミを消す方法 ためしてガッテン/消えるのか?

この赤いシミの症状は実際に消えるのか?つまり皮膚がんの種を消すことは可能なのか?という問いに対して実際にあったこの患者さんを例に進行していきます。

いくつかの皮膚科でこのザラザラとした赤いシミを診てもらい湿疹に効果があるとされる薬を処方されるけれど使ってみた結果、効果はなし。

しかし次に診てもらった皮膚科で違う塗り薬を処方されて症状がおさまったと解説。

その塗り薬は「イミキモドクリーム」というもの。

このクリームはそれまでの皮膚科で処方された単に湿疹を治すというモノではなく免疫に働きかける効果があるという塗り薬で使い始めのころは悪化したようにみえたけれど使い続けると1ヵ月ほどでシミが綺麗に消えて完治しました。

番組の大半がこんな流れで赤いシミである皮膚がんの種について進行していったのです。

ここまででこの回の放送の視聴者の多くはテレビを消してしまったかもしれませんね。

NHKさん、視聴者のニーズに答える内容にしないといけないですよ、と思ってしまいました。(笑

しかし茶色いシミ、つまり多くの人が気にしている従来のシミについても番組後半部分で言及しています。

その茶色いシミの原因のひとつとしてあげられるのは紫外線ではなくクセがあげられるというもの。

必要以上に摩擦を与えることで肌内部に炎症を引き起こし結果としてシミとなってしまうというもの。

例えば洗顔時に強くこする、メイク時に重ね塗りをすることでこすってしまうなどがあげられていました。

これら摩擦はメラニンを過剰に分泌させる原因となり結果としてシミになるとされていました。

シミは紫外線だけとは限らないわけなんですね。

だからこれらの摩擦を肌に与えているクセを改善することもシミ対策になるということです。洗顔ではゴシゴシ洗うのではなく泡洗顔にする。

顔をマッサージするのであればオイルを多めにつけて摩擦を減らすようにするなどの対策をとることが大切です。

また髪の毛をかきあげる、髪の毛を触る癖がある場合はその癖を治すなども大切であるということです。

この回の「戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策」の放送内容を要約するとザッとこんな感じになります。

顔のシミを消す方法 ためしてガッテン/原因、メカニズム

ためしてガッテンでの放送内容についてはこれぐらいにして、ここからは茶色いシミについて進めていきましょう。

茶色いシミ、つまり通常いわれているメラニン色素が過剰に分泌された結果できてしまったシミについてです。

このシミはおもに紫外線によるメラニンの分泌によるところがほとんどです。

しかしシミの原因はそれだけではありません。

紫外線以外の要因としてはホルモンバランスのみだれ、肌の摩擦などによるものもあります。

これらに共通しているのはメラニンの分泌。

メラニンはメラノサイトとよばれる色素細胞から生成されます。

通常、ターンオーバーによりこの生成されたメラニンは垢となって身体の外に排出されていればシミにはなりません。

しかし通常のターンオーバーでは排出しきれないほどの量であった場合にそのメラニンがシミとなって肌に定着してしまうのです。

ターンオーバーとは肌の細胞の入れ替わりのこと。

細胞は常に古い細胞から新しい細胞に入れ替わっています。

この肌の入れ替わりのサイクルは20代の人であれば28日ぐらいだと言われています。

ただ年齢を経るとともにこの肌の細胞の入れ替えのサイクルは長くなります。

つまり加齢とともにメラニンの排出のスピードが遅くなり沈着する可能性も上がります。

その結果としてシミになる確率も高くなるのです。

顔のシミを消す方法 ためしてガッテン/対策

できてしまったシミを消すにはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

ただ一旦できてしまったシミを綺麗に消すための対策は限られてきます。

シミ対策の化粧品は各メーカーからかなりの数が売り出されていますね。

ドラッグストアや大手の通販サイトなどでもよくみられます。

ただすでにできてしまったシミをこれら化粧品を綺麗に消すのは無理です。

シミ対策化粧品はシミを予防することに関しては優秀ですが一旦できてしまったシミを綺麗にする効果は期待できません。

やはりシミを消すための成分を配合している塗り薬や飲み薬などの医薬品や美容皮膚科などでのレーザーなどの外科的な治療でシミを消すのが確実です。

顔のシミを消す方法 ためしてガッテン/シミ取りクリーム

シミ取りクリームは自宅でケアできるので試してみるまでのハードルは低いのではないでしょうか。

シミ取りクリームとしてよく知られているのはハイドロキノンとレチノイン酸です。

ハイドロキノンは別名、「肌の漂白剤」ともよばれている塗り薬でその効果はメラニンを生成するメラノサイトを減らす効果があります。

シミを薄くしたり予防する効果が期待できます。

またレチノイン酸もハイドロキノンと共にシミケアにはよく使われるものですが、こちらの効果はメラニンを排出しやすくするというものです。

双方とも美白ケアに有効なのですがそれぞれアプローチの方向性が違うのでこの2つを併用して使うことでより効果的にシミに働きかけることができます。

ただしその効果はあまりにも強力なので皮膚に赤みがでる、刺激を感じるなど副作用が出る可能性もあります。

医師の診察を受けながら使うことをおすすめします。

顔のシミを消す方法 ためしてガッテン/レーザー

シミを消す方法としてもっとも効果が高いのがレーザー治療です。

美容皮膚科などでこの治療を受けることができますが保険の適用は受けられないため高額になる可能性もあります。

またひとくちにレーザー治療といってもいろんなタイプのレーザーの種類がありその効果もまちまちです。

だから医師と相談しながらあなたのシミのタイプに適したレーザーの機械をチョイスするのが大切です。

またレーザー治療をしてもすぐにシミが取れるというわけではなく治療後、かさぶたができてからはがれるのに2週間ほどかかります。

そして治療による炎症後の色素沈着が綺麗になるまでに3~6ヵ月ほどかかるということもおぼえておきましょう。

またシミの度合いにより1度のレーザー治療で綺麗になるケースもあれば数回の治療が必要なケースもあります。

効果があるといっても肌が綺麗になるまである程度の期間がかかるということも覚えておきましょう。

では簡単にレーザーの種類を3つほどタイプごとに解説してみます。

Qスイッチルビーレーザー
シミ治療といえばこのQスイッチルビーレーザーといわれているほどの機械です。ほぼすべてのタイプのシミに対応していてメラニンだけを攻撃、破壊して正常な皮膚へのダメージは最小限にとどめてくれます。

Qスイッチヤグ(YAG)レーザー
Qスイッチルビーレーザーと同様にあらゆるタイプのシミに対応。そしてこのQスイッチヤグ(YAG)レーザーの特徴は2つの波長を使い分けて皮膚の表皮から真皮までをカバー。レーザー治療ではむずかしいといわれていた肝斑にも有効とされています。

ピコレーザー
1兆分の1秒という短い波長のレーザーです。波長が短いので肌の火傷の影響がほとんどなく治療後のダウンタイムの影響も最小限に防ぐことができます。そのため治療後の色素沈着が少なくてすみます。

顔のシミを消す方法 ためしてガッテン/予防

顔のシミを消す方法を知るのも大切ですが新たにシミをできなくするのも大切です。

そしてシミをできなくするほうがカンタンでコストがかからないということも覚えておきましょう。

そのシミの予防法のポイントは2つ。

①メラニンの生成を極力防ぐ。
②メラニンを排出しやすい肌にしておく。

メラニンの生成を防ぐには紫外線対策をしっかりする。

肌への摩擦を極力防ぐなどがあります。

そしてメラニンの排出をうながすには肌の乾燥を防ぐ、食事に気をつける、質の良い睡眠をとるなどがあげられます。

紫外線対策
紫外線が一番強いのは夏場ですがこの時期だけ対策すれば良いというわけではありません。寒い冬の時期にも紫外線は降り注いでいます。これがメラニンを生成する主な要因である以上、対策は年中行う必要があります。

肌への摩擦を極力防ぐ
メラニンを生成するのは紫外線だけではなく肌への摩擦も考える必要があります。例えば顔であれば洗顔、メイクなどもできるだけ摩擦を減らすことが大切。また髪の長い方は顔に髪の毛が当たってすれるのがくすみの原因になっている可能性もあるのです。

肌の乾燥を防ぐ
肌の乾燥とターンオーバーは深く関係しています。ターンオーバーとは肌の細胞の入れ替わり周期のことで20代で約28日間といわれています。これが加齢とともに周期が長くなっていきます。うるおいたっぷりで新陳代謝の活発な赤ちゃんにはシミができないですよね。このことからわかるように保湿対策をすることはとても大切なことなのです。

食事に気をつける
毎日どんなものを摂っているかで肌の状態はかわります。できれば肌に良いとされるものを積極的にとっていきたいものです。その代表となる栄養素はビタミンです。特にビタミンC、ビタミンB、ビタミンEはぜひとっていきたいとことです。ビタミンCはメラニンの還元作用、ビタミンBはターンオーバーを促す作用、ビタミンEはこれらの栄養素を肌へ運んでくれる役割があります。

質の良い睡眠をとる
成長ホルモンは寝ている間に沢山出ることが知られています。よく「寝る子は育つ」ということわざがありますがまさにそういうことです。良い睡眠は新陳代謝、つまりターンオーバーを正常にしてくれるのでメラニンの排出をスムースにしてシミができにくい肌になるのです。

顔のシミを消す方法 ためしてガッテン/化粧品

顔のシミを予防するのに有効なのが美白化粧品というジャンルの商品です。

このジャンルには多くの化粧品メーカーがしのぎを削るように沢山の商品が販売されています。

あまりにも品数が多いのでユーザーは「どれを選んだらいいのか迷ってしまう。」という方も多いでしょう。

美白化粧品の選び方で失敗しないコツがあるとすればどんな成分が配合されているかをみてみることです。

特に注目するべき成分は有効だとされている美白有効成分が配合されているかどうかということです。

厚生労働省では美白有効成分として20種類ほどを効果があるというものを指定しています。

これらの成分が配合されている化粧品を「薬用」「医薬部外品」と明記することが許可されているのです。

だからパッケージにこの「薬用」「医薬部外品」のある美白化粧品を購入することがポイントです。

それらに加えて保湿成分を配合しているのであればシミ予防の化粧品としては試す価値があるものだといえます。

肌を保湿することとシミができないようにすることは密接に関係しているからです。

美白クリームを選ぶにしても美白パックを選ぶにしてもこの2つのポイントを押さえておけばシミ対策としての化粧品選びとしてまずは合格といえるのではないかといえます。

顔のシミを消す方法 ためしてガッテン/まとめ

顔のシミを消す方法についてためしてガッテンでの放送内容について書いてみました。

「戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策」

釣りっぽいタイトルの回でした。(笑

しかしさすがNHKだけあってその影響力は大きい。

ためしてガッテン関連の検索ニーズは多いですからね。

ここではその多くのニーズにこたえられるようシミ対策を中心に番組中に取り上げられなかった情報も盛り込んでみました。

シミに悩んでいるみなさんの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました